トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 有馬昌長関係文書

有馬昌長関係文書

有馬昌長関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  231点

書架延長  0.4m

旧蔵者  有馬昌長 (ありままさなが)

旧蔵者生没年  1822−1868

旧蔵者履歴  文政5(1822).4.1生まれ。幼名尚太郎、のち大和、河内、監物。号は蔵焉。久留米藩家老有馬照長の長男。天保10(1839)藩政に参加。嘉永4(1851)藩の重臣であった父および有馬泰馬の死去に伴い、政柄を握る。参政不破美作と図り、藩内の長州寄りの一派真木党(水野正名、真木和泉ら)を排斥、公武合体の藩政策を進める。はじめ攘夷説を唱えていたが、のち今井栄等の開明的意見を容れ、洋式兵制による海軍の整備、藩士の長崎や米国への留学奨励などを行った。慶応4(1868)、水野正名ら尊攘党のクーデターにより失脚。慶応4.4.11死去。

受入公開
古書店より購入

主な内容  有馬照長・昌長関係資料。幕末久留米藩重臣間書簡、有馬頼永(義源院)逝去関係達写。

検索手段
有馬昌長関係文書目録(PDF 237KB)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡