トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 有馬頼寧関係文書(その1)

有馬頼寧関係文書(その1)

有馬頼寧関係文書(その1)

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  810点

書架延長  3.0m

旧蔵者  有馬頼寧 (ありまよりやす)

旧蔵者生没年  1884−1957

旧蔵者履歴  1884.12.17東京生まれ。1910.7東京帝国大学農科卒、1911.10〜24.3農商務省嘱託、1918.2東京帝国大学農業教員養成所講師、1920.11同農学部助教授、1924.5〜27.4衆議院議員、政友会に所属し、水平運動・農民解放運動を援助。1929.8〜40.9貴族院議員、1932.6斎藤内閣農林政務次官、1933.4産業組合中央金庫理事長、1937.7第1次近衛内閣農林大臣、大政翼賛会事務総長、1941.3事務総長を辞し政界から引退、1945.12〜46.8戦犯として巣鴨拘置所に収監、1955.4中央競馬会理事長、1957.1.9死去。

受入公開
(1)1983年2月、個人より寄贈(1次分807点)
(2)1998年2月、個人より寄贈(2次分3点)

主な内容  書簡は約97名分、計271通。うち91通は巣鴨獄中における家族間書簡、49通は有馬のラジオ放送・著作等への感想。書類には日記(1913年〜57年、記述は詳細)の他、意見書、講演草稿(1938〜44年)、著作原稿および著作類、辞令、時局関係書類、名簿・芳名録、著作参考資料類、有馬家関係書類、図書類などがある。

検索手段
『有馬頼寧関係文書目録(付)安達謙蔵関係文書目録』(憲政資料目録第15)国立国会図書館編刊、1989
「有馬頼寧関係文書目録」 (PDF 496KB)(上記刊行目録をもとに作成)

複製  マイクロフィルム(40巻)で閲覧

関連資料の所在
「有馬頼寧関係文書(その2)」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「有馬頼寧」『近現代日本人物史料情報辞典』、吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『現代史資料44』(国家総動員2)今井清一・伊藤隆編、みすず書房、1974
『有馬頼寧日記』全5巻、尚友倶楽部・伊藤隆編、山川出版社、1997〜2003

注記(その他)  
『有馬頼寧関係文書目録(付)安達謙蔵関係文書目録』(刊行目録)に記載のない資料が存在する:「98-18 巣鴨獄中日記」「103-22 著作原稿」「109-17 新体制準備会議録」(以上3点、1998年追加分)
「112-12 講演材料」(以上1点、目録刊行時に記述を逸した分)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡