トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 有末精三関係文書

有末精三関係文書

有末精三関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  67点

書架延長  1m

旧蔵者  有末精三 (ありすえせいぞう)

旧蔵者生没年  1895−1992

旧蔵者履歴  1895.5.22北海道生まれ。1917.5陸士卒、1920.5〜21.7シベリア出征、1924.11陸軍大学校卒、1925.12参謀本部附(演習課)、1928.2軍事研究のためイタリア駐在(陸軍省軍事課)、1931.10青森歩兵第5連隊第1大隊長、1932.9陸軍省副官兼陸軍大臣秘書官、1934.1陸軍大臣秘書官兼陸軍省副官、1935.8陸軍省軍務局課員、1936.8イタリア在勤大使館附武官、1939.3陸軍省軍務局軍務課長、1939.12北支那方面軍参謀(第4課長 政治経済関係)、1941.3北支那方面軍参謀副長、1942.7参謀本部附、1942.8参謀本部第2部長、1945.8厚木進駐部隊受入のため連絡委員長、1945.9対連合国陸軍連絡委員長(通称有末機関)、1945.12第1復員省、1946.6辞職、1946.7駐留米軍顧問、1956.12河辺機関の解消により駐留米軍顧問を辞任、1970.4〜77.3日本郷友連盟会長。1992.2.14死去。

受入公開
2000年3月、個人より寄贈

主な内容  日記・手帳・住所録。日記は1914〜90年の長期にわたる。戦前分は北支那方面軍参謀副長や参謀本部第2部長時代のものが多く、軍事作戦に関する記述が大部分を占める。戦後の日記は1959年以降のものであり、「有末機関長」としての活躍や駐留米軍時代のものはない。手帳も1950年代以降のものである。金銭出納関係の記述が極めて詳細であることが特徴的である。

検索手段
有末精三関係文書目録(仮)

関連文献
【資料紹介】
原剛「有末精三」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡