トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 浅沼稲次郎関係文書(その2)

浅沼稲次郎関係文書(その2)

浅沼稲次郎関係文書(その2)

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  7,121点

書架延長  9.3m

旧蔵者名  浅沼稲次郎(あさぬまいねじろう)

旧蔵者生没年  1898-1960

旧蔵者履歴  1898.12.27 東京三宅島生まれ。1918 早稲田大学予科編入学、1919 建設者同盟結成、1923.5 軍研反対学生大会で右翼に襲撃される、1923.7 早稲田大学政治経済学部卒、1925.12 農民労働党書記長、1926.3 労働農民党組織部長、1926.12 日本労農党組織部長、1927.3 全日農中央委員、1928.5 全農争議部長、1930.7 全国大衆党中央執行委員、1931.7 全国労農大衆党中央執行委員、1932.7 社会大衆党常任中央委員、1933.2 東京市議、1936.2 衆議院議員(第19、20、22~28回総選挙当選)、1943.8 東京都議会議員、1945.11 日本社会党(以下、社会党)組織部長、1946.4 衆議院議員、1947.6 社会党書記長代理、1948.1 社会党書記長、1949.4 社会党組織局長、1950.4 社会党書記長、1952.1 社会党右派書記長、1955.10 社会党書記長、1959.3 社会党第二次訪中使節団長、1959.9 オリンピック東京大会組織委員会委員、1960.3 社会党委員長、1960.10.12 日比谷公会堂で演説中に刺殺される。

受入公開 書類の部は2009年5月、個人より寄贈、同年7月30日公開、書簡の部は2011年9月個人より寄贈、2012年6月15 日公開。(2006年8月25日、当室搬入)

主な内容 書簡の部と書類の部にわかれる。

書類の部は、農民運動・労働運動、無産政党運動、衆議院議員選挙、東京市会議員・都議会議員、町会関係など戦前期の資料、社会党、衆議院、衆議院議員選挙、地方首長・地方議員選挙、浅沼稲次郎葬儀、農民運動・労働運動などの戦後の資料、メモ・草稿類、新聞・雑誌類、パンフレット・ポスター・ビラなど。なお、浅沼稲次郎没後の第29回衆議院議員選挙に浅沼享子が立候補した際の選挙速報、演説関係書類、選挙ポスターなども含まれる。

書簡の部は、浅沼稲次郎関係書簡と浅沼享子関係書簡からなる。浅沼稲次郎関係書簡は戦前期からの選挙関係書簡、日本社会党書記長及び委員長就任関係書簡、米国視察関係書簡、逝去時に遺族に届けられた書簡類、年賀状、暑中見舞い等を含む。浅沼享子関係書簡は浅沼没後に実施され、浅沼享子が立候補した第29回衆議院議員選挙関係書簡ほかがある。

検索手段
浅沼稲次郎関係文書(その2)書類の部目録 (PDF 1.52MB)
浅沼稲次郎関係文書(その2)書簡の部目録 (PDF 3.03MB)

関連資料の所在
浅沼稲次郎関係文書」(当室所蔵)
法政大学大原社会問題研究所(東京都町田市)に浅沼稲次郎発信・浅沼稲次郎宛書簡あり
衆議院憲政記念館(東京都千代田区)に遺品あり

関連文献
【資料紹介】
有馬学「浅沼稲次郎」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』615・616、2012.6・7
【伝記】
『驀進 人間機関車ヌマさんの記録』浅沼稲次郎追悼出版編集委員会編、日本社会党機関紙局、1961
『浅沼稲次郎 その人・その生涯』大曲直、至誠堂、1961
『人間機関車 浅沼稲次郎』豊田穣、講談社、1991(学陽書房人物文庫所収、2004)
『浅沼稲次郎-私の履歴書ほか-』〈人間の記録72〉日本図書センター、1998

注記(その他)
文書と同時に国立国会図書館へ寄贈された浅沼稲次郎旧蔵図書は、通常の図書と同様に受け入れたうえ、図書課書庫に分散配置。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡