トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 物価庁資料

物価庁資料

物価庁資料

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,156点

書架延長  1.8m

旧蔵者  物価庁 (ぶっかちょう)

旧蔵者設置期間  1946−1952

旧蔵者履歴  1946年8月設置。内閣直属(総理庁外局)、経済安定本部で企画・立案した物価政策の実施官庁。長官が経済安定本部長官兼任。1949年6月から経済安定本部の外局、1952年3月廃止。

受入公開  1997年3月、個人より寄贈。同年4月公開。

主な内容  (1)物価庁の部内資料、(2)価格統制、(3)物資統制、(4)賃金統制、(5)広報活動、(6)輸出入関係、(7)報告書・調査書・雑誌等、(8)公務員制度、(9)書類一般。
この中でも(2)に含まれる販売価格の統制額の指定など物価統制に関する資料、(5)に含まれる物価安定推進運動、標準店運動の資料数が多い。

検索手段  物価庁資料目録 (PDF 786KB)

複製  マイクロフィルム(17巻)で閲覧

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡