トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 深井英五関係文書

深井英五関係文書

深井英五関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  28点

書架延長  2.4m

旧蔵者  深井英五 (ふかいえいご)

旧蔵者生没年  1871−1945

旧蔵者履歴  明治4(1871).11.20東京生まれ。1891.6同志社普通学校卒、1892.9国民新聞社及民友社編集部、1896.5〜97.6欧米巡歴、1900.7〜10大蔵省秘書官(徳富蘇峰の推薦で松方蔵相秘書)、1901.11日本銀行調査役、1912.10国債局長、1913.11営業局長、1918.3兼調査局長、1918.4〜28.6理事、1919.2講和全権委員随員、1921.9ワシントン会議全権委員随員、1928.6副総裁、1933.5ロンドン国債経済会議全権委員、1935.6総裁、1937.1貴族院議員、1938.12枢密顧問官、1945.10.21死去。

受入公開
1985年8月、個人より譲渡

主な内容  明治期から昭和前半にかけての深井宛徳富蘇峰書簡194通(書簡集11巻、2帖、他未表装書簡)。

検索手段
深井英五関係文書目録(仮)

関連資料の所在
徳富蘇峰記念館(神奈川県中郡)が、徳富宛の深井書簡・葉書を所蔵(『徳富蘇峰関係文書』第3巻[近代日本史料選書7-3]、山川出版社、1987に収録)

関連文献
【資料紹介】
杉江雅彦「深井英五」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡