トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 府県史料(MF:国立公文書館蔵)

府県史料(MF:国立公文書館蔵)

府県史料(MF:国立公文書館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  378巻

主な内容  太政官正院歴史課(歴史課は1875年修史局、1877年修史館と改名)が編纂。各府県ごとに太政官に提出。修史館から内閣記録局、内閣書記官室記録課を経て、1914年内閣文庫に移管。1874年に太政官達第147号で各府県に立庁から1874年末までの沿革の編集を命じた。その後も続けて編集が命じられ、ほぼ1885年まで続けられた。1道3府41県計45道府県が収録されている(香川は当時愛媛、徳島に分属、沖縄県はなし)。1876年の例示では、政治部(県治・拓地・勧農・工業・刑賞・賑恤・祭典・戸口・民俗・学校・駅逓・警保・忠孝節義・騒擾事変)と制度部(租法・職制・禄制・兵制・刑法・禁令・会計)の二部に大分けされ、附録として図書目録・碑文銘辞等・官員履歴の構成が示された。その構成は府県によって不統一があり、記述・編修に精粗の差がある。

検索手段  『内閣文庫所蔵府県史料マイクロフィルム版解説・細目』雄松堂フィルム出版、1962

原資料の所在  国立公文書館蔵

関連文献
【資料紹介】
福井保「「府県史料」の解題と内容細目」『北の丸』2、1974.3
太田富康「「府県史料」の性格・構成とその編纂作業」『文書館紀要』11、埼玉県立文書館、1998.3
【資料集(復刻)】
『府県史料教育』全26巻、ゆまに書房、1985~1986(教育関連部分を影印)
【関連サイト】
国立公文書館デジタルアーカイブ(検索窓に「府県史料」と入力して検索することで、全点の検索および閲覧が可能)

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡