トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 復員省関係資料

復員省関係資料

復員省関係資料

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  40点

書架延長  0.7m

旧蔵者  復員省 (ふくいんしょう)

旧蔵者履歴  1945年11月に陸海軍各省が廃止され、同年12月に各々第1復員省、第2復員省に改組。1946年6月、内閣直属の復員庁(第1復員局、第2復員局)に改組。1947年10月、第1復員局は厚生省に移管、第2復員局は短期間総理庁の直属となった後、1948年1月、厚生省復員局が業務を引き継ぐ。

受入公開
(1)1995年7月、古書店より購入
(2)1998年7月、古書店より購入

主な内容  「対連合軍連絡綴」など、復員庁・復員局の機構に関するGHQに対する説明資料、復員省等による戦争経過調査資料、「ソ連地区抑留者に関する件」等の復員に関連する書類などがある。

整理の方法  1995年購入分は「憲政資料室収集文書」1311として公開していたが、1998年追加購入分と一括し、「復員省関係資料」として独立させた。

検索手段
復員省関係資料目録(仮) PDF(106KB)

複製  マイクロフィルム(9巻)で閲覧

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡