トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 古沢磯次郎関係文書

古沢磯次郎関係文書

古沢磯次郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,995点

書架延長  5.1m

旧蔵者  古沢磯次郎 (ふるさわいそじろう)

旧蔵者生没年  1903−1990

旧蔵者履歴  1903.2.13北海道旭川生まれ。1925.早稲田大学政経科卒、1938『都新聞』政治部長、1942『東京新聞』編集局長。戦後、日本民党をはじめ、協同主義政党の結成に参加。早稲田大学講師、『日本経済新聞』論説委員も務める。1958.日本労働協会監事。1990.5.7死去。

受入公開
1996年4月、個人より寄贈

主な内容  書簡の部と書類の部に分かれる。書簡は橋本登美三郎(11通)、黒沢酉蔵(9通)吉川兼光(5通)等を含む255通。書類は、日本民党・日本協同党・協同組合運動等の関係資料、日本労働協会・ILO等の労働関係資料、自立経済調査会・最低賃金審議会・鉱山審議会等の審議会資料、戦時食料、『都新聞』・『東京新聞』に関する資料のほか、メモ、草稿、手帳、雑誌、新聞切抜きなど、多様である。

検索手段
古沢磯次郎関係文書目録(仮)

関連文献
【資料紹介】
塩崎弘明「古沢磯次郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡