トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 権藤成卿関係文書

権藤成卿関係文書

権藤成卿関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  469点

書架延長  1.1m

旧蔵者  権藤成卿 (ごんどうせいきょう)

旧蔵者生没年  1868−1937

旧蔵者履歴  慶応4(1868)3.21福岡生まれ、本名善太郎。二松学舎中退、1892武田範之・宮崎来城らと久留米青年義会を組織、1902黒竜会の活動のため上京、のち一進会に関与、1908.4内田良平らと『東亜月報』発行開始、1918老壮会に参加、1920.6自治学会を創設、1927.2『自治民範』出版、1927.4金鶏学院講師、1931.11日本村治派同盟に参加、1932.2血盟団事件に関連し、警視庁に留置、黒龍会の日韓合邦運動に参加するなどしたが、のち農村の窮乏に関心を寄せ、農村自救運動に関わる。国家主義団体や青年将校らにも大きな影響を与えた。1937.7.9死去。

受入公開
1974年12月、個人より寄託、2009年、寄贈。

主な内容  橘孝三郎、井上日召、藤井斉、小沼正、内田良平、倉富勇三郎、四元義隆、渋川善助らの発信書簡や、権藤の設立した自治学会、成章学苑、制度研究会などの書類や意見書類。この他に著作関係書類や詩文稿などがあり、大正から昭和初期の農本主義思想に関する資料が主である。

検索手段
権藤成卿関係文書目録(仮)

関連資料の所在
「武田範之関係文書(MF:上越市薬師院蔵)」(当室所蔵。武田は黒龍会などで権藤と交流)

関連文献
【資料紹介】
「権藤成卿文書」『国立国会図書館月報』172、1975.7
滝沢誠「権藤成卿」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)
【資料集(翻刻)】
『現代史資料23』(国家主義運動 3)みすず書房、1974(権藤宛の藤井斉・四元義隆・渋川善助発信書簡を収録)
【伝記】
『権藤成卿覚え書』滝沢誠著、滝沢清司刊、1968(当資料群を多用)
『権藤成卿』滝沢誠、紀伊国屋書店、1971(ぺりかん社再販、1996)
【本人著作】
『権藤成卿著作集』全7巻・別巻1巻、黒色戦線社、1973〜1991

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡