トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 後藤新平関係文書(MF:後藤新平記念館蔵)

後藤新平関係文書(MF:後藤新平記念館蔵)

後藤新平関係文書(MF:後藤新平記念館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  88巻

旧蔵者  後藤新平 (ごとうしんぺい)

旧蔵者生没年  1857−1929

旧蔵者履歴  安政4(1857).6.4岩手水沢生まれ。須賀川医学校を経て1881.10愛知医学校長兼愛知病院長、1883.1内務省衛生局照査係副長、1885.6衛生局第2部長、1892.11〜93.12衛生局長、1893.11相馬事件で入獄、1894.12東京控訴院無罪判決、1895.4臨時陸軍検疫事務官長、1895.9衛生局長に復活、1898.3台湾総督府民政局長、1898.6同民政長官、1901.6兼同専売局長、1903.11貴族院議員、1906.11〜08.7南満洲鉄道株式会社総裁、1908.7〜11.8第2次桂内閣逓信大臣、1908.12〜11.8兼鉄道院総裁、1912.12〜13.2第3次桂内閣逓信大臣兼鉄道員総裁、拓殖局総裁、1913.10同志会脱退、1916.10寺内内閣内務大臣兼鉄道院総裁、1918.4-9外務大臣、1920.12〜23.4東京市長、1923.9第2次山本内閣内務大臣兼帝都復興院総裁、1927.12〜28.2ロシア旅行、1929.4.4死去。

受入公開
『後藤新平文書』(マイクロフィルム版)、水沢市立後藤新平記念館発行・雄松堂刊行、1980

主な内容  後藤の死後、後藤家に残された資料は「後藤新平伯伝記編纂会」(1930年発足)に集められた。同会解散後は、文書処理委員会が設立されて1939年まで整理・分類が進められた。これらの資料が1978年「後藤新平記念会」の創設に際して寄贈され、1980年にマイクロフィルムとして刊行された(マイクロフィルムに未撮影の部分もある)。
書類は、内務省衛生局時代、台湾民政長官時代、満鉄総裁時代、逓相時代、第2次山本内閣の際の震災復刻計画立案関係、鉄道広軌化問題、「政治の倫理化」運動関係などであり、外交関係としては1923年に後藤が招致したヨッフェ(極東駐在ソ連代表)交渉関係など日露外交にかかわる資料が目立つ。
来簡も多数含まれ、発信者は政治家、医学・衛生学関係、官僚など約300名弱に上る。

検索手段
『後藤新平文書目録』水沢市立後藤新平記念館、1980

原資料の所在  後藤新平記念館蔵

関連資料の所在
東京市政会館市政専門図書館(千代田区)に、後藤旧蔵書あり

関連文献
【資料紹介】
季武嘉也「後藤新平」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【伝記】
『後藤新平』鶴見祐輔編著、後藤新平伯伝記編纂会、1937〜1938(当資料群を編纂に利用)(勁草書房書房復刻、1965)(藤原書店復刻『正伝・後藤新平』全8巻、2004〜[刊行中][新漢字・現代仮名遣いに改め、資料には釈文を付す])

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究