トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 憲政資料室の利用案内

憲政資料室の利用案内

憲政資料室の特徴と資料のあらまし

憲政資料室は、おもに近現代日本政治史に関する文書類を所管しています。所管資料の多くが一般に刊行された資料ではなく、個人の日記や書簡などの私文書、あるいは公文書で、その利用にあたってはプライバシーの保護や人権への配慮をお願いしています。
資料は大きく憲政資料、日本占領関係資料及び日系移民関係資料に分けることができます。

憲政資料は、幕末から現代にいたる政治家、軍人、官僚などが所蔵していた日記、書簡、草稿などの私文書です。伊藤博文関係文書、斎藤実関係文書というように旧所蔵者別になっています。

日本占領関係資料は、おもに第2次世界大戦終了後の日本占領に関するアメリカの公文書などをマイクロフィルムで収集したものです。具体的には連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)文書や沖縄占領関係の文書などです。

日系移民関係資料は、移民資料収集計画に基づいて中南米諸国、 ハワイ等に職員を派遣して収集した資料(図書、雑誌、新聞、日記・書簡などの文書等)やマイクロフィルム、個人コレクションからなっています。この資料は平成14年4月に行われた当館の機構改革に伴い特別資料室が廃止されたのを受けて、憲政資料室の所管となりました。

新規公開資料

このような資料は他の資料室にあります

 図書として刊行された文書集・史料集・・・図書カウンター

 概説書・研究書・参考図書(事典等)・・・図書カウンター、人文総合情報室等

 

開架・閉架の別

おもに閉架。複製資料の一部を開架しています。

 

開室時間

月~土  9:30~17:00

 

請求票受付時間

月~土  9:30~16:00 (1回の請求につき20点まで)

 

 

ご利用にあたって

  • 研究又は調査の方に限ります。
  • 当室備付の閲覧許可申請書に調査目的・研究テーマを記入、提出していただきます。
  • プライバシーの保護や人権への配慮にご留意ください。
  • 資料の損傷を防ぐため、筆記用具は鉛筆をご使用ください。万年筆、ボールペン等は使用しないでください。
  • 研究成果の発表にあたっては、当室所管資料であること、資料名・資料番号を明記してください。
  • 即日複写申込みの場合を除き、当室資料を室外に持ち出すことはできません。
  • 出納を要する資料の請求は、登録利用者の方のみとさせていただきます。登録利用者制度のご案内

     

     

     複写について

  • 原資料の複写は、撮影によるマイクロフィルムへの複写(後日複写)のみで(あわせて、作製したマイクロフィルムから紙へのプリントも可能)、特別複写許可申請書が必要になります。
  • 寄託資料などを複写する場合は、所蔵者等の許諾が必要となります(許諾書は複写申込書とは別に憲政資料室に直接ご送付ください)。
  • 所蔵者等の許諾申請方法、許諾申請書フォーマット

  • 遠隔複写の申し込みは、郵送用資料複写申込書によります(日本占領関係資料のうちのプランゲ文庫資料(雑誌・新聞)を除く)。
  • 日本占領関係資料の複写については、「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイドもご参照ください。
  • 当館の複写サービス

    • 国立国会図書館
    • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
    • 国立国会図書館サーチ
    • 国立国会図書館デジタルコレクション
    • ひなぎく
    • レファレンス協同データベース
    • 本の万華鏡