トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 平岡浩太郎関係文書

平岡浩太郎関係文書

平岡浩太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  287点

書架延長  0.5m

旧蔵者  平岡浩太郎 (ひらおかこうたろう)

旧蔵者生没年  1851−1906

旧蔵者履歴  嘉永4(1851).6.23福岡生まれ。1868戊辰戦争に従軍、1877.2西南の役に西郷軍に応じ挙兵、1877.10政府軍の捕虜、1878.1放免、1879.12〜80.5玄洋社社長、1883吉原銅山経営、1885赤池炭鉱経営、1890糸田炭鉱経営、1894.9衆議院議員(第4〜9回総選挙当選)、1898.5九州日報社主、1898.6憲政党結成に参加。1903対露同志会を結成。1906.10.24死去。

受入公開
1986年1月および6月、個人より寄贈

主な内容  書簡と書類の部に分かれる。書簡は長谷場純孝、大石正己などから73通。書類の部は、その大半が平岡の伝記資料として書写されたものであり、国会開設の建言、日清戦争後の対露問題に関する意見書、憲政党・憲政本党関係の資料がある。書簡の部とは別に、書類の部の伝記資料の中に平岡書簡と平岡宛書簡写が含まれる。

検索手段   平岡浩太郎関係文書目録(PDF 372KB)

複製  マイクロフィルム(4巻)で閲覧

関連文献
【資料紹介】
小宮一夫「平岡浩太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡