トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 細迫兼光関係文書

細迫兼光関係文書

細迫兼光関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  430点

書架延長  0.4m

旧蔵者  細迫兼光 (ほそさこかねみつ)

旧蔵者生没年  1896−1972

旧蔵者履歴  1896.11.28山口県生まれ、1922東京帝国大学法学部卒、弁護士開業、厚狭町会議員、1926.10労働農民党書記長、1929.11労農党書記長、1942〜45.小野田市長、1946.4衆議院議員(第22、26、27、29、30回総選挙当選)、日本社会党中央執行委員、1972.2.11死去。原水爆禁止運動に尽力。

受入公開
2000年7月、個人より寄贈

主な内容  書簡の部と書類の部に分かれる。書簡は、河上肇、春日庄次郎、鍋山貞親、佐野学などからの来簡87通。書類として、1928年、1929年の労農日記、1950年〜52年の日記・手帳、昭和前期の労働農民党・労農党に関する声明書等の原稿、1932年〜33年にかけての治安維持法違反事件の予審請求書、聴取書、訊問調書、予審終結決定書、戦後の演説原稿、その他新聞切抜など。

検索手段
細迫兼光関係文書目録(仮)

関連文献
【資料紹介】
内海和美「細迫兼光」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、第4巻
【資料集(翻刻)】
『河上肇全集』第25〜28巻、岩波書店、1984(河上肇書簡を収録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡