トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 入江貫一関係文書(MF:山口県文書館蔵ほか)

入江貫一関係文書(MF:山口県文書館蔵ほか)

入江貫一関係文書(MF:山口県文書館蔵ほか)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  5巻

旧蔵者  入江貫一 (いりえかんいち)

旧蔵者生没年  1879−1955

旧蔵者履歴  1879.3.6東京生まれ。野村靖の二男、入江家を嗣ぐ。1906.7東京帝国大学法科卒。1906.7内務省入省、神奈川県属、1908.8枢密院書記官兼枢密院議長秘書官、1917.8兼法制局参事官、1920.9内閣恩給局長、1923.4内大臣秘書官長、1924.4兼内蔵頭、1925.12帝室会計審査局長官、1932.8依願免本官、1934.4〜39.4満洲国宮内府次長、1939.7貴族院議員、1940.1恩給金庫理事、1940.9〜46.3同理事長、1946公職追放、1951.8追放解除、1955.4.22死去。

受入公開
1973年7月、東京大学社会科学研究所所蔵マイクロフィルムより複製

主な内容  手帳(1925年・27年ほか)、日記、「公余録」、住所録、山県有朋履歴書、入江宛書簡(明治30年代から昭和10年頃まで。発信者は野村靖、青木周蔵等)。ほかに貫一の叔父、入江九一関係資料がある(入江九一は天保8(1837)年生まれ、吉田松陰門下に学び尊王攘夷運動に参加、元治元(1864)年禁門の変の折自刃)。

整理の方法  マイクロフィルムのリール1後半には、「小泉策太郎関係文書」が入っているので注意。

検索手段
(目録なし)

原資料の所在  リール1〜2収録分は山口県文書館蔵。リール3〜5収録分は、原資料の所在不明。

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「入江貫一」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻・復刻)】
『入江九一資料集』入江遠編、非売品、1994
【資料集(翻刻)】
『大正初期山県有朋談話筆記・政変思出草』伊藤隆編、山川出版社、1981(本資料群中の「政変思出草」および日記の一部を収録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡