トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 石塚重平関係文書

石塚重平関係文書

石塚重平関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  46点

書架延長  0.1m

旧蔵者  石塚重平 (いしづかじゅうへい)

旧蔵者生没年  1855−1907

旧蔵者履歴  安政2(1855).10.10長野生まれ。町会議員、郡会議員などを経て盤鴻社を創設、自由民権運動に参加。1885.11大阪事件で拘引。1889.2大赦、大同団結運動に参加。立憲自由党を経て、のち政友会幹事。布施銀行、小諸貯金銀行取締役。1894.9衆議院議員(第4、6、7、9回総選挙当選)。1900.10〜01.5大蔵省官房長。1907.8.12議員在任中死去。

受入公開
1969年1月および1972年、古書店より購入

主な内容  石塚重平宛自由党関係書簡45通。差出人は後藤象二郎、星亨、板垣退助、渡辺国武、佐々友房他24名、年代は1890〜1906年。

検索手段  石塚重平関係文書目録 (PDF 203KB)

複製  マイクロフィルム(1巻)で閲覧

関連文献
【資料紹介】
季武嘉也「石塚重平」『近現代日本人物史料情報辞典』第3巻、吉川弘文館、2007

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡