トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 石原莞爾関係文書(MF:鶴岡市立図書館蔵)

石原莞爾関係文書(MF:鶴岡市立図書館蔵)

石原莞爾関係文書(MF:鶴岡市立図書館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  3巻

旧蔵者  石原莞爾 (いしはらかんじ)

旧蔵者生没年  1889−1949

旧蔵者履歴  1889.1.18山形生まれ。1918.11陸軍大学校卒、1922.9駐独武官、1925.10陸大教官、1928.10関東軍参謀、満洲国建国に関与、また満洲国協和会発足(1932)の原動力となった。1932.8兵器本部付、1932.10ジュネーブ軍縮会議随員、1933.3帰朝、1933.8歩兵第4連隊長(仙台)、1935.8参謀本部作戦課長、1936.6参謀本部戦争指導課長、1937.3参謀本部作戦部長、1937.9関東軍参謀副長、1938.12舞鶴要塞司令官、1939.8中将、第16師団長。1941.3東条英機と対立して予備役編入、立命館大学教授兼国防科学研究所長、1941.6東亜連盟協会顧問、1949.8.15死去。

受入公開
1968年度、防衛庁防衛研究所所蔵マイクロフィルムより複製。

主な内容  御進講録「欧州ニ於ケル戦争発達史第1篇」(タイプ印刷)、国防国策大綱(謄写版)、1941〜46年頃の講演・論文原稿類(自筆、タイプ印刷等)約100点

複写のための注記  複写要許可

検索手段
石原莞爾関係文書(所蔵)目録(仮)に目録添付

原資料の所在  鶴岡市立図書館郷土資料室蔵(マイクロフィルム作成時は個人蔵)

関連資料の所在
「石原莞爾関係文書(所蔵)」 「武田邦太郎関係文書」 「高木清寿関係文書」 「淵上辰雄関係文書」 「増川喜久男関係文書」(当室所蔵)
酒田市立図書館光丘文庫(山形県)に、夫人宛書簡類および石原旧蔵書あり(『石原莞爾旧蔵書目録 酒田市立図書館蔵』1988)
鶴岡市立図書館郷土資料室(山形県)に当資料群未撮影分を含む書類・書簡・遺品あり(『石原莞爾資料目録』鶴岡市立図書館郷土資料館、2005)

関連文献
【資料紹介】
大久保文彦「石原莞爾」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『石原莞爾資料』全2冊( 国防論策、戦争史論)、角田順編、原書房、1967〜1968(国防論策編の増補版 原書房、1984)
『石原莞爾選集』全10冊、玉井礼一郎編、たまいらぼ、1985〜1986(合本複製、たまいらぼ、1993)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究