トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 石原助熊・よし関係文書

石原助熊・よし関係文書

石原助熊・よし関係文書

資料群名  石原助熊・よし関係文書

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  35点

書架延長  1.8m

旧蔵者  石原助熊・よし(いしはらすけくま・よし)

旧蔵者生没年1871-1942(助熊) 1887-1970(よし)

旧蔵者履歴<石原助熊>明治4(1871).2.6鹿児島生まれ。 助熊は石原近義とみね(大久保利通の実姉)の長男。1896帝国大学農科大学卒、1899.10沖縄県技師、1900.1園芸研究のためフランス留学、パリ万国博覧会事務局嘱託、1902.12農商務省海外実業練習生、1905.10帰朝、1905.12農事試験場園芸部(1921.4園芸試験場に改組)技師、1909.1よしと結婚、1922.11東京農業大学講師、1923.4日本女子大学講師、1934.4日本園芸会理事長、1942.5.1死去。<石原よし>1887.1.28生まれ(清野勇(大阪府立医学専門学校長、同付属病院長)3女)、大阪堂島高女卒、1909.1石原助熊と結婚。1970.6.16死去。

主な内容
書簡としては、西園寺公望から石原助熊に宛てられた書簡、大久保利通から姉(石原みね)に宛てられた書簡や石原近義・よし宛書簡など。西園寺書簡は主に坐魚荘に関するもので、石原助熊は静岡県興津の試験場に勤め、西園寺の別荘(坐魚荘)の土地の入手にあたって仲介をするなど、西園寺と親交があった。 書類としては、石原よしが写経と新聞報道等を交互に筆写した「佛心報国 妙法蓮華経」計5冊や西園寺公望肖像写真など。資料番号22は写経の裏に約80通の書簡が貼りこまれた巻子本8巻。

受入公開個人より寄贈。2013年10月18日公開(資料番号1~21)、2017年5月8日公開(資料番号22)。

検索手段  石原助熊・よし関係文書目録(PDF 436KB)

関連文献
【伝記】
『わすれみつ』石原近治発行、1943(「伊集院彦吉関係文書」(その1) 図書の部 当館憲政資料室所蔵)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡