トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 岩下方平関係文書(MF:黎明館蔵)

岩下方平関係文書(MF:黎明館蔵)

岩下方平関係文書(MF:黎明館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  3巻

旧蔵者  岩下方平 (いわしたみちひら)

旧蔵者生没年  1827−1900

旧蔵者履歴  文政10(1827).3.15鹿児島生まれ。薩摩藩士岩下亘の長男、後に岩下典膳道格の養子。安政6(1859).11藩内の有志組織、精忠組に参加。文久元(1861)側役人兼軍役奉行。文久3(1863).9、重野安繹とともに薩英戦争後の和平交渉を行う。慶応元(1865)大目付、さらに鹿児島藩家老。慶応3(1867)パリ万博使節団長(薩摩藩独自参加)。慶応3.12.9徴士・参与。慶応4(1868).5大阪府判事、明治2(1869).7刑法官留守次官、明治3(1870).1京都府権知事、明治4(1871).4大阪府大参事、1878.5元老院議官、1881.神官教導職会議議長、1890.7〜97.7貴族院議員。1900.8.15死去。

受入公開
1974年4月、マイクロフィルム作成

主な内容  明治初期の書簡・書類。書簡は、岩下方平宛263通、第三者間・宛先不明35通。公家からの書簡や、元老院関係の書簡が多い。書類38点は、明治2年〜4年のもので、嘆願書・伺書・奉答書などの国事事務書類。

整理の方法  黎明館作成「岩下方平関係資料目録」と憲政資料室作成「岩下方平文書目録(仮)」とは、資料の配列および資料番号が異なるので注意。

複写のための注記  複写禁止

検索手段
岩下方平文書(MF:黎明館蔵)目録(仮)

原資料の所在  鹿児島県歴史資料センター黎明館蔵

関連文献
【資料紹介】

吉満庄司「岩下方平関係資料目録」『黎明館調査研究報告』19、2006

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡