トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 加波山事件関係資料(所蔵)

加波山事件関係資料(所蔵)

加波山事件関係資料(所蔵)

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  338点

書架延長  0.7m

旧蔵者  小針家(こばり け)ヵ

旧蔵者履歴  加波山事件は、明治17(1884)年9月に自由党急進派がおこした、栃木県令三島通庸ほか大臣暗殺未遂事件である。当初栃木県庁落成式に出席予定であった三島通庸県令や太政大臣三條実美ら大臣を急襲する計画であったが、準備のため製造していた爆弾が誤爆し、事前に計画が発覚した。これにより官憲の探索に追い詰められた富松正安、河野広体ら16名は、9月23日茨城県加波山に立てこもり、25日に警官隊と交戦の末逃亡した。(この事件により、琴田岩松、杉浦吉副、三浦文次、小針重雄らが死刑となった。)
小針重雄は、元治元(1864)年7月、福島県矢吹村の酒造業小針鎮平の長男として生まれた。東京帝国大学医学部に進学していたが、自由党急進派に加担。明治19(1886)年10月2日市ヶ谷監獄で死刑)。

受入公開  2007年5月古書店より購入、2009年3月11日公開。

主な内容  加波山事件関係者の一人小針重雄の生家が蔵していた資料と思われる。書簡288点、書類・その他50点。書簡中、小針鎮平受信書簡は、188点あり最も多いのは河野広中からの31通。書類には、小針鎮平の日記(明治17~19年)、(明治19年10月1~8日)が含まれ、他に『東陲民権史』の広告や代金受領証などある。

検索手段
「加波山事件関係資料(MF:個人蔵)目録」(PDF 752KB)

関連資料の所在  
「加波山事件関係資料(MF:個人蔵)」  マイクロフィルム1巻(当室所蔵)
「三島通庸関係文書」  (当室所蔵)

関連文献  『加波山事件関係資料集』稲葉誠太郎編、三一書房、1970

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡