トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 樺山愛輔関係文書

樺山愛輔関係文書

樺山愛輔関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  596点

書架延長  3.6m

旧蔵者  樺山愛輔(かばやまあいすけ)

旧蔵者生没年  1865-1953

旧蔵者履歴  慶応元(1865)5.10鹿児島生まれ。薩摩藩士橋口与三郎の三男、樺山資紀の養子。同仁舎・神田共立学校を経て1880渡米、ウィルブラハム中学校入学、1885ウェスレヤン大学入学、1889アマースト大卒、1889ボン大学入学、1891帰朝、1896~1902父の私設秘書、1906.7函館船渠取締役、1907~08イギリス渡航、1910.8~12.1北海道炭鉱汽船取締役、1911~20.3日英水電創設・社長、1914.1日本精鋼所常務取締役、1923.6~29.12同会長、1914.3~26.5国際通信社創立・社長、1922.2伯爵、1925.7~46.6貴族院議員、1929.11~30.5ロンドン海軍軍縮会議日本全権委員随員、1934.4~41.3財団法人国際文化振興会理事長、1938.12~43.6千代田火災保険社長、1939.11~41.5日本精鋼所会長、1940.11~47.6日米協会会長、1946.6~47.5枢密顧問官、1947.6~51.6公職追放、1950.2グルー基金理事長、1952.8~53.10国際文化会館理事長、1953.10.21死去。

受入公開    2008年3月、個人より寄贈(同年4月公開)。

主な内容  牧野伸顕などからの書簡の他、実業界・国際団体での活動に関係する資料が中心を占める。また、満州事変時に樺山が訪米した際の資料など国際情勢にかかわる資料、貴族院議員・枢密顧問官時代の資料、母校アマースト大・ウェスヤレン大関係、家政、履歴資料などもある。

検索手段  樺山愛輔関係文書目録(仮)

複製  次の資料はマイクロフィルムで利用。
資料番号1~5, 13, 15, 23, 24, 26, 30~32, 36, 39~40, 53~67, 71~72, 75, 82~86, 94, 143~230-2, 256, 261, 264, 290-7, 417, 500, 528~535, 536-2, 3, 538, 546~548, 550, 574, 586

関連資料の所在  「樺山家関係文書」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
佐藤純子「樺山愛輔」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報(伊藤隆執筆)あり
【伝記】
『樺山愛輔』グル-基金・バロクロフト奨学基金・国際文化会館編、国際文化会館、1955

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡