トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 亀井貫一郎関係文書

亀井貫一郎関係文書

亀井貫一郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,131点

書架延長  1.9m

旧蔵者  亀井貫一郎 (かめいかんいちろう)

旧蔵者生没年  1892−1987

旧蔵者履歴  1892.11.10東京生まれ。津和野藩主亀井伯爵家の一族、子爵松平康昭の女婿。1917.7東京帝国大学法科大学卒、1917.11外務省入省、1921.9外務事務官・通商局総務課、1923.6休職、陸軍大臣官房特別嘱託、海軍大臣特別嘱託(〜1923.10)、1924.12依願免本官、1928.2衆議院議員(社会民衆党)(第16,18〜20回総選挙当選)、1930〜31桜会謀議参画、秋山定輔、麻生久らと近衛の新体制運動を推進、1940.10〜41.4大政翼賛会総務兼企画局東亜部長、1942.12軍機保護法違反で禁錮8月・執行猶予1年の判決を受ける、1946.4公職追放、1951.1懲役3年執行猶予4年の判決を受ける(軍服事件)、1951.8追放解除。1987.4.7死去。

受入公開
(1)1988年3月、個人より寄贈
(2)1999年12月、個人より寄贈(番号410のみ)

主な内容  大東亜共栄圏建設国民運動連盟・大政翼賛会東亜部および日本製鉄関係資料を主とする資料群。戦前戦後にわたる書簡および書類である。上記同様に亀井が活躍した、社会大衆党関係の資料は含まれない。

検索手段
亀井貫一郎関係文書目録(仮)

複製  マイクロフィルム(32巻)で閲覧

関連資料の所在
『731部隊・細菌戦資料集成:CD-ROM版』近藤昭二編、柏書房、2003 に収録の亀井貫一郎供述調書等が、米国National Archivesにあり(RG319)

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「亀井貫一郎」『近現代日本人物史料情報辞典』、吉川弘文館、2004(同書第3巻、第4巻に追加情報あり)
【資料集(翻刻)】
『現代史資料44』(国家総動員2)伊藤隆・今井清一編、みすず書房、1974(当資料群の一部を収録)
【資料集(談話速記録)】
『亀井貫一郎氏談話速記録』日本近代史料研究会、1970

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡