トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 川上俊彦関係文書

川上俊彦関係文書

川上俊彦関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  904点

書架延長  1.9m

旧蔵者  川上俊彦 (かわかみとしつね)

旧蔵者生没年  1861−1935

旧蔵者履歴  文久元(1861).12.29新潟生まれ。1886.10領事館書生、釜山領事館勤務、1900.9貿易事務官、ウラジオストック在勤、1904.9遼東守備軍司令部附大連軍政署配属、同司令部外交顧問として旅順開城の際通訳の任にあたる。1907.2総領事、ハルピン在勤、1912.3モスクワ在勤、1913.12南満洲鉄道株式会社理事、1920.11特命全権公使、ポーランド駐箚、1924.4待命、1926.8北樺太鉱業株式会社代表取締役会長、1927.12日魯漁業株式会社社長、1935.9.12死去。

受入公開
2001年7月、個人より寄贈

主な内容  家族宛書簡、辞令、ロシア時代・満洲時代視察報告書、意見書、伊藤博文暗殺時川上宛見舞電報。

検索手段  川上俊彦関係文書目録(仮)

複製  マイクロフィルム(12巻)で閲覧

関連資料の所在
「川上俊彦関係史料」(外務省外交史料館(東京都港区)蔵)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡