トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 川上常郎関係文書

川上常郎関係文書

川上常郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  68点

書架延長  0.3m

旧蔵者  川上常郎(かわかみつねお)

旧蔵者生没年  1872-1930以降

旧蔵者履歴  明治5(1872).7.10愛媛生まれ。東京専門学校邦語法律科卒、1897.12文官高等試験合格、1898.2大蔵属、1898.12司税官、1899.11臨時沖縄県土地整理局事務官、1904.5金沢税務監督局長、1906.12統監府書記官兼大蔵書記官、1907.1韓国政府傭聘、統監府財政監査官、1907.9統監府書記官、1910.10~16.11朝鮮総督府平安北道長官、1916.11~24.2東洋拓殖株式会社理事、1925.3地方行政学会社副社長、1927.8日本信託銀行頭取、他に朝鮮電気興業株式会社監査役、東洋土木株式会社社長などを歴任。

受入公開  2017年1月、個人より寄贈、同年3月10日公開。

主な内容  資料の多くは明治末から大正前期の平安北道長官時代の書簡、文書。書簡は寺内正毅、明石元二郎ら統監府、朝鮮総督府関係者や、若槻礼次郎等の大蔵省関係の発信等。文書は川上の履歴書等数点。

検索手段   川上常郎関係文書目録(PDF 336KB)

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡