トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 川崎卓吉関係文書(MF)

川崎卓吉関係文書(MF)

川崎卓吉関係文書(MF)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  川崎卓吉 (かわさきたくきち)

旧蔵者生没年 1871−1936

旧蔵者履歴  明治4(1871).1.18広島生まれ。1903.7東京帝国大学法科大学卒、1903.11高等文官試験合格、1904.1東京市事務員、1904.9内務省入省、1904.10静岡県小笠郡長、1907.1福井県第4部長、1907.7同県警察部長、1908.7長崎県警察部長、1910.10石川県内務部長、1914.4警視庁警務部長、1916.4福島県知事、1919.6台湾総督府内務局長、1920.9兼警務局長、1920.11警務局長専任、1921.9殖産局長、1922.4名古屋市長、1924.6内務省警保局長、1925.9〜27.4内務次官、1926.1貴族院議員、1927.5憲政会入党、1929.7浜口内閣法制局長官、1929.10ロンドン海軍軍縮会議主席随員、1931.4第2次若槻内閣内閣書記官長、1935.1民政党幹事長、1936.2岡田内閣文部大臣、1936.3広田内閣商工大臣、1936.3.27在任中死去。

受入公開
1984年、東京大学社会科学研究所所蔵マイクロフィルムより複製

主な内容  高等警察・特高警察報告書類、立憲民政党関係草稿類など29点。

整理の方法  安達謙蔵関係文書(MF:個人蔵・当館蔵)のマイクロフィルムリールNo.2に収録

検索手段
川崎卓吉関係文書(MF)目録(仮)

原資料の所在  不明

関連資料の所在
東京大学社会科学研究所にも、同内容のマイクロフィルムあり

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「川崎卓吉」『近現代日本人物史料情報辞典』、吉川弘文館、2004 (同書第3巻に追加情報あり)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡