トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 賀屋興宣関係文書

賀屋興宣関係文書

賀屋興宣関係文書

資料群名  賀屋興宣関係文書

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  171点

書架延長  0.3m(第1次受入分)、0.2m(第2次受入分)

旧蔵者  賀屋興宣(かやおきのり)

旧蔵者生没年  1889-1977

旧蔵者履歴  1889.1.30広島生まれ、1917.3東京帝国大学卒、1917.4大蔵省入省、米国駐在、欧州出張を経て1920.3主計官(主計局予算決算課)。同局予算課兼調査課、営繕管財局総務部を経て1927.4ジュネーブ海軍軍備制限会議全権委員随員、1928.1~30.2大蔵大臣秘書官事務取扱、1930.3主計局司計課長、1932.11同局予算決算課長、1934.5主計局長、1936.5理財局長、1937.2大蔵次官、1937.6~38.5第1次近衛内閣大蔵大臣、1938.12~45.12貴族院議員、1939.8~41.10北支那開発株式会社総裁、1941.10~44.2東條内閣大蔵大臣、1945.9 A級戦犯容疑者として拘留、1946.10公職追放、1948.11終身刑判決、1955.9仮釈放、1958.5~72.11衆議院議員、1963.7~64.7第2次,第3次池田内閣法務大臣、1977.4.28死去。

受入公開
(1)2013年7月、七夕古書大入札会で購入、2013年12月6日公開。 (第1次受入分99点 資料番号1~85
(2)2015年11月、古書店より購入、2016年12月21日公開。(第2次受入分72点 資料番号1001~1072)

主な内容  (1)第1次受入分 第1次近衛内閣蔵相期前後を中心とする賀屋興宣宛書簡約90通 (発信者は伊澤多喜男、金子堅太郎、末次信正、松岡洋右など)と、若干の書類(日満支経済懇談会関係書類他)
(2)第2次受入分  第1次近衛内閣蔵相期前後を中心とする賀屋興宣宛書簡67通及び領収書類

検索手段  賀屋興宣関係文書目録(PDF 405KB)

関連資料の所在  賀屋興宣政治談話録音(当室所蔵)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡