トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 憲政資料室収集文書

憲政資料室収集文書

憲政資料室収集文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  約4,500点

受入公開  出所や受入年を異にする、点数の少ない資料の集合体

主な内容  当室が寄贈・購入により収集した資料のうち、数量が少なく独立した文書にしがたいものなどを「憲政資料室収集文書」としてまとめたもの。内容や出所は多様である。書簡の部と書類の部に分かれており、書簡の部には木戸孝允、大久保利通、伊藤博文などの明治期の元勲をはじめとした諸家書簡があり、書類の部には有田八郎関係資料、金森徳次郎関係資料、島津久光建白関係資料、東条英機獄中手記、太平洋戦争被害調査資料、大政翼賛会関係資料、宮内省関係書類、琉球処分関係文書などがある。また写真・錦絵・ビラなど多様な形態の資料がある。

整理の方法  書簡の部の資料番号は1〜、書類の部の資料番号は1101〜、を各々付している。

検索手段  憲政資料室収集文書目録(仮)(PDF 3.22MB)

デジタル化資料  国立国会図書館デジタル化資料に一部の資料が掲載

複製  
資料番号1139-1~85(宮内省関係書類)は、マイクロフィルム(3巻)で閲覧。
資料番号1422-1~5(白菊遺族会)はマイクロフィルム(2巻)で閲覧。
資料番号1424-1~74(貴族院公職追放関係文書)はマイクロフィルム(1巻)で閲覧。

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡