トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 菊川忠雄関係文書(MF:川村学園女子大学蔵)

菊川忠雄関係文書(MF:川村学園女子大学蔵)

菊川忠雄関係文書(MF:川村学園女子大学蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  11巻

旧蔵者  菊川忠雄 (きくかわただお)

旧蔵者生没年  1901−1954

旧蔵者履歴  1901.3.1愛媛生まれ、1920第1高等学校入学、1922.7第1高等学校社会思想研究会の創立に参加、1923東京帝国大学経済学部入学、新人会の再建に参加、1924.9全国学生社会科学連合会の発足に関与、1925日本労働総同盟本部で理論的指導の任務が与えられる、1926同大卒、総同盟を脱退し日本労働組合同盟に入り本部教育出版部主任、1927.1機関紙『工場と鉱山』編集責任者、1928.4中央執行委員・組織宣伝部長、1929.10常任中央執行委員・教育宣伝部長、1930.6全国労働組合同盟中央執行委員・教育部長、1932.7社会大衆党中央執行委員、1932.10全国労働組合同盟主事兼政治部長、1934.6第18回国際労働会議に日本労働代表として出席、1936.1全日本労働総同盟本部総主事、1947.4衆議院議員(第23、25、26回総選挙当選、日本社会党)、日本社会党中央執行委員、1949.6〜50.3日本鉱山労働組合会長、1951.6〜52.8全日本労働総同盟総主事、1954.9.26.洞爺丸事故で遭難死。

受入公開
1973年、東京大学社会科学研究所所蔵資料よりマイクロフィルム作成

主な内容  戦前期の書類、ビラ、政治パンフレットが主であるが、日本労働総同盟の大会報告や議事録などもあり、『新人会会報』などの機関紙や新聞など刊行物も含まれる。

整理の方法  マイクロフィルム撮影後に原資料の再整理が行われたため、当マイクロフィルムの収録順と、川村学園女子大学図書館所蔵の原資料の配列順は異なる。

検索手段
菊川忠雄関係文書(MF:川村学園女子大学蔵)目録(仮)

原資料の所在  川村学園女子大学図書館蔵(一部、当マイクロフィルムに撮影されている資料で、川村学園女子大学図書館に所蔵がないものもあり)

関連文献
【資料紹介】
西川誠「菊川忠雄」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
西川誠「林茂氏旧蔵図書について(3)附「菊川忠雄史料」仮目録」『川村学園女子大学研究紀要』17(1)、2006

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡