トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 児玉亮太郎関係文書(MF:個人蔵)

児玉亮太郎関係文書(MF:個人蔵)

児玉亮太郎関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  2巻

旧蔵者  児玉亮太郎 (こだまりょうたろう)

旧蔵者生没年  1872−1921

旧蔵者履歴  明治5(1872).9和歌山生まれ、1895同志社政治経済科卒業後、ミシガン大学に学び、学位取得。1899帰国、大阪毎日新聞入社、、京都帝国大学・同志社大学各講師、原敬逓相・内相・首相各秘書官を歴任。また北海道拓殖銀行営業部長、富士製紙主事、1912.5衆議院議員(第11〜14回総選挙当選)を歴任、1920.12鉄道省参事官、1921.10.25死去。

受入公開
1972年、個人所蔵資料よりマイクロフィルム作成

主な内容  明治・大正期の日記が主。重要記事を日記風にまとめたメモや半生録なども含まれる。

複写のための注記  複写要許可

検索手段
児玉亮太郎関係文書(MF:個人蔵)目録(仮)

原資料の所在  個人蔵

関連文献
【伝記】
『原宰相を輔けたる児玉亮太郎』沼田日東、登竜商店出版部、1923(日記の引用あり)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡