トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 河野広中関係文書

河野広中関係文書

河野広中関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  2,279点

書架延長  13.2m

旧蔵者  河野広中 (こうのひろなか)

旧蔵者生没年  1849−1923

旧蔵者履歴  嘉永2(1849).7.7福島生まれ、明治2(1869).11若松藩出仕、明治2(1869).11 4等権少属、明治3(1870).1 3等少属、明治3(1870).6辞職、明治3(1870).12三春藩庁捕亡取締、1873.2磐前県第14区副戸長、1874.1第5大区区長、1875..8石陽社(政治結社)創立、1878.1〜8福島県属・庶務課民会掛、1878.11三師社を創立、1879.2〜5三春町戸長、1879.7共愛同謀会結成、1880.4国会開設願望有志会を組織・総代、1880.12自由党入党、1881.3福島県会議員(議長)、1881.10自由党結党に参画、1882.12福島事件により国事犯として拘引、1883.9軽禁獄7年、1889.2大赦出獄、1890.7〜1923.12衆議院議員(第1〜14回総選挙当選)、1903.12衆議院議長、1905.11検挙入獄(日比谷焼き打ち事件)、1906.4無罪判決、1915.1〜10第2次大隈内閣農商務大臣、1923.12.29死去。

受入公開
1957〜60年頃、数回に分けて個人より譲渡。

主な内容  
書簡の部と書類の部に分かれる。
書類の部には旧自由党・大同倶楽部・再興自由党・立憲国民党・立憲同志会・憲政会などの政党資料や、演説・草稿・意見書・覚書などが多い。このほか、日記、幕末・維新期書類、議会・選挙関係、福島事件関係、日比谷事件関係、外交関係、産業関係、福島県関係、諸団体、新聞雑誌、著書・詩文・書・碑文、履歴資料など。
書簡の部には、1700名余からの来簡がある。

整理の方法  書類の部・書簡の部に分かれ、番号はそれぞれ1から始まる。各部に第1次・第2次整理分がある。

検索手段
河野広中関係文書目録 (PDF 1694KB)

デジタル化資料  国立国会図書館デジタルコレクションに一部の資料が掲載

複製  マイクロフィルム(112巻)で閲覧

関連文献
【資料紹介】
小宮一夫「河野広中」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
【資料集(翻刻)】
「(史料紹介)国立国会図書館憲政資料室蔵「河野広中関係文書(書類)河野広中日記」(1)・(2)」『民衆史研究』31号・34号(1986.11・1987.11)所収(慶応4年〜明治8年部分を収録)
【資料集(翻刻)】
『福島県史』第11巻(資料編第6・近代資料第1) 福島県、1964(1874〜1884の福島自由民権運動関係資料、当資料群の翻刻も含まれる)
【伝記】
『河野磐州伝』上・下巻、河野磐州伝記編纂会編、河野磐州伝記刊行会、1923

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究