トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 河野司収集文書

河野司収集文書

河野司収集文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  35点

書架延長  0.2m

旧蔵者  河野司 (こうのつかさしゅうしゅうもんじょ)

旧蔵者生没年  1905−1990

旧蔵者履歴  1905.1広島生まれ、2・26事件に参画し自決した河野寿大尉の兄。熊本済々黌中学を経て1928.東京商科大学卒業、松坂屋勤務、海南島にて終戦、「仏心会」(2・26事件遺族会)の会長を長く務め、事件の資料収集や調査にあたる、1990死去。

受入公開
1986年8月、個人より受入

主な内容  河野司氏の収集になる2・26事件関係資料であり、蹶起者の視点からの2・26事件を伝える。蹶起趣意書、事件関係者の捜査関係資料、陳述・聴取書(北一輝、西田税など)、獄中遺書(磯部浅一、村中孝次、西田税など)、陸軍省兵務課作成の「獄中手記全記録書」などがある。

検索手段
河野司収集文書目録(仮)(PDF 128KB)

関連文献
【資料集(翻刻)】
『二・二六事件 獄中手記・遺書』河野司編、河出書房新社、1972.(日本週報社・1957年版の増補改訂版、当資料群の多くを収録、「解説 遺書について」など解題も収録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡