トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 満川亀太郎関係文書

満川亀太郎関係文書

満川亀太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,590点

書架延長  4.5m

旧蔵者  満川亀太郎(みつかわかめたろう)

旧蔵者生没年  1888−1936

旧蔵者履歴   1888.1.18大阪生まれ。小学校に通う傍ら1902.2日本銀行見習に就職(〜1904.9まで在職)。1902.3京都市立第4高等小学校卒。1904.10吉田中学校第3学年へ入学。1906.11京都私立清和中学校第5学年に転学。1907.3清和中学校卒業。1907.4早稲田大学第1高等予科入学。このころ『民声新聞』主筆。1909早稲田大学中退。1909.9日本大学法科入学。1910.12日本大学法科退学。その間『海国日報』主筆となる。『大日本』編集者などをへて、1918老壮会を結成、ついで1919.8大川周明、北一輝らと猶存社を結成。1921『奪はれたる亜細亜』出版、1923.2猶存社解散、1924.10東洋協会大学(拓殖大学)講師就任、1925行地社結成(1926に脱退)、1930興亜学塾開塾(1932頃興亜学塾脱退)、1933拓殖大学教授。1935『三国干渉以後』刊行。1936.5.12.死去。

受入公開
2007年4月、個人より寄贈。2007年5月2日公開。

主な内容  書簡は北一輝、大川周明、西田税、上泉徳弥など国家主義運動関係者のほか、中川小十郎、本田義英ら立命館関係者のものが数量が多い。書類では、満川の原稿や講演会関係の資料のほか、長期間にわたる日記が残されている。また、満川が関与した国家主義団体の資料も多く残されている。

検索手段
満川亀太郎関係文書目録(仮)

関連資料の所在
満川亀太郎関係資料(拓殖大学)
「むつ市文化財収蔵庫」(青森県)に大湊開港関係資料あり
書簡、書画、古文書、アルバム、図書資料(早稲田大学図書館蔵)

関連文献
【資料紹介】
クリストファー・スピルマン「満川亀太郎関係文書に含まれる拓殖大学関連の資料」『拓殖大学百年史研究』10、2002(当資料群ではなく、拓殖大学所蔵分の満川資料紹介)
長谷川雄一「満川亀太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』、吉川弘文館、2004(同書第4巻に追加情報あり)
今津敏晃「満川亀太郎関係文書」『国立国会図書館月報』557、2007.8
【資料集(翻刻)】
満川亀太郎 著、長谷川雄一・C.W.A.スピルマン・福家崇洋編『満川亀太郎日記』論創社、2011
長谷川雄一・C.W.A.スピルマン・今津敏晃編『満川亀太郎書簡集』論創社、2012
【本人著作】
『三国干渉以後』満川亀太郎著・長谷川雄一編・解説、論創社、2004
【伝記】
拓殖大学創立百年史編纂室編 『満川亀太郎』上・下 拓殖大学、2001

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡