トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料所蔵機関マッカーサー記念館(MacArthur Memorial)> RG-33 Papers of Colonel Charles L. Kades

RG-33 Papers of Colonel Charles L. Kades

RG-33 Papers of Colonel Charles L. Kades

資料群名(日本語仮訳)

マッカーサー記念館所蔵 チャールズ・ケーディス文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

1巻

請求記号

MMA-25

旧蔵者名

Charles L. Kades

旧蔵者生没年

1906-1996

旧蔵者履歴

1930ハーバード・ロー・スクール卒、ニューヨーク州の弁護士となり、1937ニューディール行政下の連邦政府に入る、日米開戦後志願して陸軍に入隊、1945.8.30に来日、1946.8民政局次長、1948.12離任・帰国し、米国政府の占領政策の変更に対し説得を試みるが、成功せず、1949.5.3退役、その後はニューヨーク州で弁護士をつとめる。

受入

2010年度に、マッカーサー記念館に対してマイクロ撮影を申し込むことで収集した。

主な内容

1948‐1951年のメモランダム、通信類、松本案(甲案・乙案)や政府草案など7種の草案と日本国憲法の日本文及び英訳文など。

主言語

英語

原資料の所在

マッカーサー記念館(RG-33)

検索手段
  • マッカーサー記念館作成目録(憲政資料室内備付冊子目録)
関連資料
関連文献
  • GHQの人びと : 経歴と政策外部サイトへのリンク 竹前栄治著 明石書店 2002【AZ-271-G11】
    ※「第三章 憲法制定の真意」としてケーディス氏へのインタビューが掲載されている。
利用上の注意

マイクロフィルムへの複写はマッカーサー記念館との取決めにより不可

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡