トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 森戸辰男関係文書(MF:広島大学文書館蔵)

森戸辰男関係文書(MF:広島大学文書館蔵)

森戸辰男関係文書(MF:広島大学文書館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  10巻

旧蔵者  森戸辰男 (もりとたつお)

旧蔵者生没年  1888−1984

旧蔵者履歴  1888.12.23広島生まれ。1914.7東京帝国大学法科大学経済学科卒、1914.7同大学助手、1916.9同大学助教授、1919.7東京帝国大学経済学部助教授、1919.7欧米留学、1920.1新聞紙法違反で起訴される(森戸事件)、1920.10禁錮3月の刑確定、1920.12〜21.2入獄、1921.2大原社会問題研究所所員、戦後は日本社会党の結成に参加、1946.4衆議院議員(第22〜24回総選挙当選)、1947.6片山・芦田両内閣文部大臣、1950.4〜63.3広島大学学長、1963.5中央教育審議会会長、1963.4〜72.3日本育英会会長。1971.11文化功労者、1984.5.28死去。

受入公開
『森戸辰男関係文書』(マイクロフィルム版)丸善、2000刊行

主な内容  広島大学所蔵「森戸辰男関係文書」のうち、片山・芦田内閣期の閣議配布資料(文部省関係を除く)をマイクロ化したもの。閣議議事、外務省、大蔵省、司法省・法務総裁、厚生省、農林省、商工省、運輸省、労働省、経済安定本部・物価庁、建設院・建設省、総司令部関係、案件、陳情・請願の項目に分け、1436件の文書を収録。

検索手段
『広島大学付属図書館所蔵 森戸辰男関係文書 片山・芦田政権下「閣議」関係文書』(マイクロフィルム版)小池聖一編、丸善、2000

原資料の所在  広島大学文書館蔵(文書館設立後に図書館から移管)

関連資料の所在
「森戸辰男記念文庫」(広島大学文書館所蔵。公文書・私文書中心の「森戸辰男文書」と、書籍中心の「森戸辰男文庫」からなる)
「森戸文書」(横浜市史編纂室(神奈川県)所蔵)

関連文献
【資料紹介】
小池聖一「解題」『広島大学付属図書館所蔵 森戸辰男関係文書 片山・芦田政権下「閣議」関係文書』小池聖一編、丸善、2000
小池聖一「森戸辰男」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡