トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 宗方小太郎関係文書

宗方小太郎関係文書

宗方小太郎関係文書

資料群名  宗方小太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  539点(第1次受入分), 40点(第2次受入分)

書架延長  1.7m(第1次受入分), 0.2m(第2次受入分)

旧蔵者  宗方小太郎(むなかたこたろう)

旧蔵者生没年  1864−1923

旧蔵者履歴   元治元(1864).7.5熊本生まれ。号北平。佐々友房の熊本済々黌に学ぶ。1884.10上海渡航、1890上海に荒尾精が設立した日清貿易研究所で学生の教育・監督を担当、1893.1同研究所を辞して帰国、1893.7海軍嘱託、1896.2『漢報』を買収、1898.11東亜同文会の設立に参加、1907.10上海の『時報』の発行名義人となる、1914.10東方通信社を設立し同社社長、1923.2.5上海で病死。

受入公開
(1)1976年8月、個人より寄贈 (第1次受入分 資料番号1~539)
(2)2015年2月、古書店より購入、2016年2月25日公開 (第2次受入分 資料番号1001~1039)

主な内容
【第1次受入分】 目録は書簡の部と書類の部に分けて構成される。書簡は荒尾精、石川伍一、井手三郎、宮崎滔天などの大陸浪人、福島安正、竹下勇などの軍人、孫文、鄭孝胥などの中国人からの書簡計403通。書類は、主に1895年から1923年にかけての海軍軍令部宛報告書類。他に調査資料、日記9冊(1888〜1922)がある。
【第2次受入分】 主に宗方小太郎から妻の宗方由紀子に宛てた書簡。他に、宗方丈夫(娘婿)から由紀子宛の書簡も複数含まれる。

検索手段  宗方小太郎関係文書目録(PDF 468KB)

複製
【第1次受入分(資料番号1~539)】 マイクロフィルム(全12巻)で閲覧
【第2次受入分(資料番号1001~1039)】 原資料で閲覧

関連資料の所在  「宗方小太郎関係文書(マイクロフィルム)」(東京大学近代日本法制史料センター原資料部蔵。内容は概ね当室所蔵の文書と重複するが、一部当室に所蔵がない資料も収録。)

関連文献
【資料紹介】
「宗方小太郎文書」『国立国会図書館月報』186号、1976.9
馮正宝「宗方小太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『宗方小太郎文書』(明治百年史叢書)原書房、1975
『宗方小太郎文書 続』(明治百年史叢書)原書房、1977
【伝記】
『評伝 宗方小太郎』馮正宝、亜季書房、1997(当室目録を附す)

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡