トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 武藤夜舟関係文書

武藤夜舟関係文書

武藤夜舟関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  110点

書架延長  1m

旧蔵者  武藤夜舟(むとうやしゅう)

旧蔵者生没年  1892−1974

旧蔵者履歴  1892.1.1東京生まれ。本名は當次郎。幼少期より日本画家川端玉章に師事、1910.12士官候補生、1913.5陸軍士官学校卒、1913.12陸軍歩兵少尉、1920.9~1921.10ペルー陸軍士官学校留学、1931.12~1932.4に陸軍省の命により満州事変・上海事変の記念絵画制作のため出張、1933.3陸軍歩兵少佐、予備役編入、1933.4~6熱河地方へスケッチ旅行、同年『熱河絵行脚』を上梓、1936.9『満州事変絵巻』が完成し天覧に供される、1937.7支那駐屯軍嘱託として日中戦争に従軍、1937.8読売新聞社の嘱託特派員、同月帰国、1938.7~1940.1満洲国島村部隊本部勤務、1940.6日本橋三越百貨店にて「武藤夜舟大陸風物画展」を開催、1940.8新日本美術文化連盟理事、1947.11公職追放、1974.11.5死去。

受入公開  2017年3月、個人より寄贈、同年4月4日公開

主な内容  徳富蘇峰による『熱河絵行脚』の序文のほか、戦地に携帯したスケッチブックや画帳、戦後の色紙を含む。

検索手段   武藤夜舟関係文書目録(PDF 272KB)

関連文献
【資料集】 『絵画に見る満洲事変と日中戦争 軍人画家武藤夜舟戦争画集』武藤夜舟 [画] ; 高橋勝浩編、国書刊行会、2014

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡