トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 鍋島直彬関係文書(MF:沖縄県教育委員会蔵)

鍋島直彬関係文書(MF:沖縄県教育委員会蔵)

鍋島直彬関係文書(MF:沖縄県教育委員会蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  鍋島直彬 (なべしまなおよし)

旧蔵者生没年  1843−1915

旧蔵者履歴  天保14(1843).12.11佐賀生まれ。父は鹿島藩第10代藩主直永。嘉永元(1848)襲封(鹿島藩第13代藩主)、明治2(1869).6鹿島藩知事、明治4(1871).7廃藩置県により東京府貫属、明治5(1872).8米国視察、1873.4帰朝、1876.3侍従、1877.8侍補、1878.12宮内省御用掛、1879.4沖縄県知事、1881.5元老院議官、1884.7子爵、1888.5帝室制度調査委員、1890.7貴族院議員、1915.6.14死去。

受入公開
1966年度に整理

主な内容  書簡の部と書類の部に分かれる。書簡は、沖縄県知事時代の鍋島宛のものを主とし、岩倉具視、原忠順、松田道之等、47名から89通および鍋島から大隈重信宛5通。書類は沖縄県裁判掛取扱(1881年)、間切役員山入心得方写等、沖縄県政に関するもの50件。

検索手段 鍋島直彬関係文書(MF:沖縄県教育委員会蔵)目録(仮)

原資料の所在  沖縄県教育委員会蔵

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡