トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 長井雅楽関係文書(MF:個人蔵)

長井雅楽関係文書(MF:個人蔵)

長井雅楽関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  長井雅楽 (ながいうた)

旧蔵者生没年  1819−1863

旧蔵者履歴  文政2(1819).5.1山口萩生まれ。名は時庸。文政5(1822)家督相続、天保8(1837).3藩主毛利敬親の小姓役、嘉永3(1850).10奥番頭格、藩校明倫館内用係。安政5(1858).10直目付役、記録助役、文久元(1861).3「航海遠略策」と称する開国論を建議、公武間の周旋にあたる。文久2(1862).6免職、文久3(1863).2.3自刃。

主な内容  公武周旋時の筆記、覚書等

複写のための注記  複写禁止

検索手段
(目録なし)

原資料の所在  個人蔵

関連文献
【伝記】
『長井雅楽詳伝』中原邦平、マツノ書店、1979

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡