トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 長岡外史関係文書(MF:長岡外史顕彰会)

長岡外史関係文書(MF:長岡外史顕彰会)

長岡外史関係文書(MF:長岡外史顕彰会)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  3巻

旧蔵者  長岡外史 (ながおかがいし)

旧蔵者生没年  1858−1933

旧蔵者履歴  安政5(1858).1.13山口生まれ。1878.12陸軍士官学校2期卒、1898.3陸軍省軍務局軍事課長、1899〜1902欧州出張、1904.6参謀本部次長、1905.12参謀本部附、1906.7第1師団歩兵第2旅団長、1908.12陸軍省軍務局長、1910.6第13師団長(新潟)、1913.1第16師団長(京都)、1914.8予備役編入、1915国民飛行会会長、1918帝国飛行協会副会長、1924.5衆議院議員、1933.4.21死去。

受入公開
1968年度、防衛研究所図書館所蔵資料よりマイクロフィルム作成

主な内容  原資料の巻物は全33巻で、長岡外史宛書簡761通、明治20年代から昭和初期の期間にわたる。日露戦争当時の1904年6月〜05年頃の書簡が主なものであり、山県有朋、児玉源太郎、井口省吾、大谷喜久蔵、明石元二郎等からのものが多く、日清戦争期の書簡がこれに次ぐ。

検索手段
長岡外史関係文書(MF:長岡外史顕彰会蔵)目録(仮)

原資料の所在  長岡外史顕彰会蔵

関連資料の所在
防衛省防衛研究所図書館(東京都目黒区)にも、同内容のマイクロフィルムあり

関連文献
【資料紹介】
波多野勝「長岡外史」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『長岡外史関係文書 書簡・書類篇』長岡外史文書研究会編、吉川弘文館、1989(1904年6月以降の書簡を収録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡