トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 中澤佑関係文書

中澤佑関係文書

中澤佑関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  125点

書架延長  1.7m

旧蔵者  中澤佑 (なかざわたすく)

旧蔵者生没年  1894−1977

旧蔵者履歴  1894.6.28長野生まれ、1915.12海軍兵学校卒業(43期)、1916.12.海軍少尉、1917第1次世界大戦戦役勤務、1918伊勢乗組、海軍中尉、水雷学校普通科学生、1919砲術学校普通科学生・同学校卒業、1921.12海軍大尉、水雷学校高等科学生、1922.11水雷学校高等科卒業、1924.12第1潜水戦隊参謀、1926海軍大学校甲種学生(26期)、1927.12海軍少佐、1928.12海軍大学校卒業、朝顔艦長、1929.11第2艦隊参謀、1930.11第1艦隊参謀兼連合艦隊参謀、1931.12軍令部出仕、1932.1米国駐在被仰付、1932.10スタンフォード大学入学、1932.12海軍中佐、1934帰朝被仰付、1934.4軍令部第1部第1課作戦班長兼参謀本部々員、1936.12海軍大佐、連合艦隊首席参謀兼第1艦隊参謀、1937.2連合艦隊参謀長兼第1艦隊参謀長代理、1937.12軍令部第2課長、大本営海軍部参謀、1939.11.軍令部第1課長(作戦課長)兼大本営陸軍部参謀、1940.10足柄艦長、1941.7第5艦隊参謀長、1942.11海軍少将、1942.12海軍省人事局長、1943.6軍令部第1部長(作戦部長)、1944.12第21航空戦隊司令官、1945.2台湾海軍航空隊司令官、1945.5高尾警備府参謀長兼第1航空艦隊参謀長、1945.6免兼、1945.11海軍中将、1946.4予備役編入、1948.10戦犯として巣鴨拘置所抑留、1952.4仮出所、1952.10横須賀米軍基地に就職、1962横須賀米軍基地を定年退職、1977.12.21死去。

受入公開
2006年12月、個人より寄贈(同年12月14日公開)

主な内容  (1)海軍兵学校時代から終戦までの海軍奉職中の日記・覚書類(2)履歴及び年譜(3)回想、寄稿文、1940〜1945年の戦争指導についてのノート(4)その他に大別される。特に軍令部第1部長(作戦部長)時代の日記類は、中澤が太平洋戦争末期に海軍の作戦立案・実行の中枢にあった時期に書き留められたもの。

整理の方法  整理・目録作成は政策研究大学院政策情報センターによる。

検索手段
『中澤佑・山本親雄関係文書目録』(近現代史料・関係文書目録2)日本近代史料研究会、2006

関連文献
【資料紹介】
鈴木多聞「史料紹介 海軍中将中澤佑関係史料(附)山本五十六・吉田善吾両大将書簡」『東京大学日本史学研究室紀要』6、2002
鈴木多聞「中澤佑」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)
【資料集(翻刻)】
『戦史叢書大本営海軍部・連合艦隊』第6巻、朝雲新聞社、1971(中澤のノート類を利用)
【伝記】
『海軍中将中澤佑 作戦部長人事局長の回想』原書房、1979(米国駐在〜終戦時についての回想類を集成)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡