トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 日本社会党国民運動局旧蔵資料

日本社会党国民運動局旧蔵資料

日本社会党国民運動局旧蔵資料

資料群名 日本社会党国民運動局旧蔵資料

受入事項 所蔵

資料形態 原資料

数量 1,818点

書架延長 30m

旧蔵者 日本社会党中央本部(現社会民主党全国連合)

旧蔵者履歴(日本社会党略史) 1945.11結党大会、1947.5片山哲内閣成立(1948.2総辞職)、1950.1左右分裂(1950.4再統一)、1951.10講和・安保をめぐり左右分裂、1955.10統一大会、1960.10浅沼稲次郎委員長暗殺事件、1993.8非自民連立政権に参画(1994.4離脱)、1994.6自社さ連立村山富市内閣成立(1996.1退陣、社会民主党に党名変更)

受入公開 1993年8月日本社会党本部より資料搬入。2011年12月、社会民主党全国連合より寄贈。2012年2月16日、公開。

主な内容 旧日本社会党国民運動局が、左右社会党統一以後の1955年から1980年代に至る活動の中で、作成、収集された資料である。沖縄・安保・基地問題、護憲、外交、人権などの分野で、労働運動や市民運動と連携しつつ、自民党政権との対決を深めていった時代の革新勢力の「運動」に関する資料が主で、党務、国会対策等に関わる資料は少ない。

整理の方法 資料をファイル等に付されていた関係主題により分類し、中性紙製の文書箱に収納した。

検索手段 日本社会党国民運動局旧蔵資料目録 (PDF 747KB)

関連資料の所在
「浅沼稲次郎関係文書」(その1) (その2)(当室所蔵)
「只松祐治関係文書」(当室所蔵)
「藤牧新平関係文書」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』615・616、2012.6・7

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡