トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 小野田元熈関係文書(その2)

小野田元熈関係文書(その2)

小野田元熈関係文書(その2)

資料群名  小野田元熈関係文書(その2)

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  2点

書架延長  0.2m

旧蔵者  小野田元熈(おのだもとひろ)

旧蔵者生没年  1848-1919

旧蔵者履歴  嘉永元(1848).2.11群馬生まれ。館林藩士藤野逸平の次男として生まれ、同藩士小野田安兵衛の養子となる。明治2(1869).6館林藩内監察、明治3(1870).8館林藩少属、明治4(1871).11東京府第5大区13小区取締組邏卒小頭、1877.1警視庁大警部、西南戦争従軍、1881.6警視庁書記局次長、1882.7警視庁会計局長、1886.2書記局長兼第3局、1886.12東京府小笠原島司、1888.7長野県書記官、1888.8同第2部長、1888.12同第1部長、1892.8兵庫県書記官、1893.3内務省警保局長。警視庁・内務省においては消防制度の近代化に携わる。1896.11辞職、1897.4茨城県知事、1898.6山梨県知事、1899.8静岡県知事 、1900.10宮城県知事、1902.2香川県知事、1910.6辞職、1910.7貴族院議員、1919.6.12死去。

受入公開  2013年7月、古書店より購入。1983年12月、個人所蔵資料よりマイクロフィルムを作成し「小野田元熈関係文書(MF)」として閲覧に供していたが、2013年に古書店よりその原資料を購入(2013年10月18日原資料公開)。

主な内容  小野田宛書簡を大半とする巻子本2巻。書簡の作成者は山県有朋、徳大寺実則、井上馨、陸奥宗光、曽祢荒助ほか。

検索手段  小野田元熈関係文書(その2)目録(PDF 217KB)

複製  マイクロフィルム(1巻)で閲覧。

関連資料の所在
「小野田元熈関係文書(その1)」(当室所蔵)
「小野田家文書」(館林市立図書館(群馬県)蔵。(鈴木淳・谷口裕信「小野田元熈文書」(『東京大学日本史学研究室紀要』6、2002.2)に簡略目録掲載)

関連文献  
【資料紹介】
鈴木淳「小野田元熈」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)
【資料集(翻刻)】
谷口裕信・鈴木淳「小野田元熈文書」『東京大学日本史学研究室紀要』6、2002.2(小野田宛書簡[番号1〜73、80-1]の翻刻を収録) (PDF 1.35MB)
※上記の当ページ掲載にあたり、ご執筆者のご協力を得ました。ここに記して感謝します。

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡