トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 大原重徳関係文書(MF:個人蔵)

大原重徳関係文書(MF:個人蔵)

大原重徳関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム(ネガ)

数量  1巻

旧蔵者  大原重徳 (おおはらしげとみ)

旧蔵者生没年  1801−1879

旧蔵者履歴  享和元(1801).10.16京都生まれ。正三位大原重成の養子。文化12(1815).12大和権介、従五位上。天保2(1831).9右近衛権中将、従三位。安政5(1858).3日米修好通商条約に反対する八十八公卿の一人となる。文久2(1862).5左衛門督に任ぜられ、幕政改革命令の勅使として、島津久光とともに東下。文久3(1863).2勅書改竄の罪を被り蟄居。元治元(1864).1赦免、慶応2(1866).10結党建言の廉で閉門。慶応3(1867).3赦免、慶応3.12王政復古に伴い参与。慶応4(1868).2権中納言、慶応4.閏4刑法官知事、明治2(1869).9集議院長官、明治3(1870).閏10退官。1879.4.1死去。

受入公開
1973年7月、個人所蔵資料よりマイクロフィルム作成

主な内容  大原重徳座右記(嘉永2〜5年、安政元〜5年)

複写のための注記  複写要許可

検索手段
(目録なし)

原資料の所在  個人蔵

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡