トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 大石正巳関係文書(MF:個人蔵)

大石正巳関係文書(MF:個人蔵)

大石正巳関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  3巻

旧蔵者  大石正巳 (おおいしまさみ)

旧蔵者生没年  1855−1935

旧蔵者履歴  安政2(1855).4.11高知生まれ。立志社に入り自由民権運動に参加。1880.4馬場辰猪・末広重恭らとともに国友会設立。1880.10自由党創立に参加し、同幹事。1882.6自由新聞記者、1883.9馬場・末広とともに自由党脱党、独立党を創立。1885.11爆発物取締規則違反容疑で逮捕、1886.6釈放後馬場とともに渡米、1887.10大同団結運動に参加、1888.6雑誌『政論』を発刊し主筆。1888.11新聞紙条例違反により拘禁、1892.11特命全権公使、韓国駐剳、1897.4第2次松方内閣農商務次官、1898.6憲政党創立委員、第1次大隈内閣農商務大臣。1898.8〜1914.12衆議院議員(第6〜11回総選挙当選)。1904.11〜10.11四谷区議会議員。1911.1立憲国民党常務委員。1935.7.12死去。

受入公開
1973年7月、東京大学社会科学研究所所蔵フィルムより複製

主な内容  日誌(1905〜1913年)、写真(高橋定吉、幸徳伝次郎、片山潜等肖像、大日本労働者懇談会会場など)、新聞切抜などがある。

複写のための注記  複写要許可

検索手段
大石正巳関係文書(MF:個人蔵)目録 (PDF 156KB)

原資料の所在  個人蔵

関連資料の所在
東京大学社会科学研究所にも、当資料と同内容のマイクロフィルムあり

関連文献
【資料紹介】
季武嘉也「大石正巳」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『大石正巳日記』大石正編、私家版、1993(1905年〜1907年分)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡