トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 大岡育造関係文書

大岡育造関係文書

大岡育造関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  197点

書架延長  0.5m

旧蔵者  大岡育造(おおおかいくぞう)

旧蔵者生没年  1856−1928

旧蔵者履歴  安政3(1856).6.3山口生まれ。号は硯海。講法学館、司法省法学校に学ぶ。1880.12代言人免許、1881.10自由党入党、1885.12東京府会議員、1890江戸新聞を買収し中央新聞と改め、その社長に就任、1890.7衆議院議員(第1〜3、5〜11、13〜15回総選挙当選)、1899帝国党結成に参加、1899〜1900米欧巡歴、1900立憲政友会創立に参画、1901.6同会総務委員、1903.11〜07.1東京市議会議長、1911.12〜14.3衆議院議長、1914.3第1次山本内閣文部大臣、1917.6〜20.2衆議院議長、1928.1.26死去。

受入公開
2006年8月、古美術商より購入、2007年9月28日公開

主な内容  大岡育造宛書簡がその大半を占める。時期的には1890年中頃から1920年頃のものが多く、岡崎邦輔、野田卯太郎、小川平吉、品川弥二郎、元田肇、大岡力(大岡育造弟、中央新聞副社長、京城日報社長)からの来簡が比較的多い。大岡育造発信書簡には大岡二郎(大岡育造次男)宛、伊藤博文宛のものがある。書類としては、第45回帝国議会におけるジョッフル元帥歓迎決議説明草案2種類、軍縮建議案の説明草稿2種類などがある。(大岡二郎の親族が所蔵していた資料の由。)

検索手段
大岡育造関係文書目録(仮)

関連文献
【資料紹介】
戸島昭「大岡育造」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005(同書第3巻に追加情報(鈴木宏宗執筆)あり)
「憲政資料室の公開資料から 大岡育造関係文書」『国立国会図書館月報』560、2007.11

このページの先頭へ
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡