トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 太田耐造関係文書

太田耐造関係文書

太田耐造関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1104点

書架延長  4.5m

旧蔵者  太田耐造 (おおたたいぞう)

旧蔵者生没年  1903−1956

旧蔵者履歴  1903.5.15東京生まれ。1926.12高等試験司法科試験合格、1927.3東京帝国大学法学部政治学科卒、同年司法官試補、1928.3東京地区裁判所、沼津区裁判所、東京刑事地方裁判所検事・予備検事、1939.1司法書記官、刑事局第6課長、1942.8東京控訴院検事、1942.9満洲国司法部刑事司長、1944.12大審院検事、1945.4司法書記官・大臣官房会計課長、1946.1大審院判事、1946.2甲府地方裁判所検事正、1946.7退職、1946.8.12弁護士登録、8.24公職追放。1956.3.21死去。

受入公開  平成29年1月、個人より寄贈、平成29年2月28日、公開

主な内容  司法省刑事局第六課長等を歴任した太田耐造が、業務上で作成ないし取得した資料が多くを占め、神兵隊事件やゾルゲ事件に関わる訊問調書等を含む。司法部配布資料、部内会議概要、各裁判所向けの通牒、調査研究資料、法令案修正等の執務資料は、その多くに秘印が付され、「右翼」、「左翼」等の題箋が貼付され、テーマごとのファイルに綴られている。

検索手段   太田耐造関係文書目録(PDF 1871KB)

関連文献
【伝記】  『太田耐造追想録』太田耐造追想録刊行会、1972

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡