トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 大塚常三郎関係文書

大塚常三郎関係文書

大塚常三郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  215点

書架延長  0.8m

旧蔵者  大塚常三郎 (おおつかつねさぶろう)

旧蔵者生没年  1880−1926

旧蔵者履歴  1880.3栃木生まれ。1905.7東京帝国大学法科大学卒、1905.11内務省入省、1908.1韓国統監府書記官、1910.10朝鮮総督府書記官、1911.5農商工部鉱務課長、以後内務部第2課長、朝鮮総督府参事官等を歴任、1919.9内務局長、1925.6内大臣秘書官長兼東宮御用掛、1926.3死去。

受入公開
1971年12月、個人より寄贈。1981年2月、追加寄贈。

主な内容  書簡約180通(斎藤実、関屋貞三郎、宇佐美勝美他約100名分)、朝鮮民事関係資料、第2次加藤内閣成立・総辞職関係資料、日記(1921.5〜9、1922.2〜3)、斎藤実朝鮮総督視察時写真40枚、「大塚常三郎小伝」(原稿を製本したもの。1973年、常三郎の女婿、戸塚武比古著。略歴および主要書簡の翻字)

検索手段
大塚常三郎関係文書目録(仮)

関連文献
【資料紹介】
梶田明宏「大塚常三郎」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡