トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 臨時法制調査会資料

臨時法制調査会資料

臨時法制調査会資料

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  109点

書架延長  0.3m

旧蔵者  臨時法制調査会 (りんじほうせいちょうさかい)

旧蔵者履歴  1946年3月12日、憲法改正に伴う諸般の法制の整備に関する諮問機関として、内閣に臨時法制調査会を設けることが閣議決定され、同年7月3日に臨時法制調査会官制(昭和21年勅令第348号)が公布された。会長には吉田茂首相、副会長には金森徳次郎国務大臣が就任し、幹事長は入江俊郎法制局長官、委員は官界、学界などから選任された。7月11日の第1回総会では、「憲法改正に伴ひ、制定又は改正を必要とする主要な法律について、その法案を示されたい」との諮問が出された。調査会は皇室・内閣関係を担当する第1部会、国会関係を担当する第2部会、司法関係を担当する第3部会、財政関係およびその他を担当する第4部会に分かれて、審議を行い、1946年10月26日付けで答申を提出した。

受入公開  1973年度、譲渡

主な内容  臨時法制調査会で配布された皇室典範改正、内閣法案、行政官庁法案、刑法・民法関係などの審議資料。

検索手段  臨時法制調査会資料目録(PDF 309KB)

関連資料の所在
「入江俊郎関係文書」(当室所蔵)にも、臨時法制調査会の資料あり

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡