トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 酒井三郎関係文書

酒井三郎関係文書

酒井三郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  75点

書架延長  0.2m

旧蔵者  酒井三郎 (さかいさぶろう)

旧蔵者生没年  1907−1993

旧蔵者履歴  1907.4.7静岡生まれ。1930青山学院英文科卒業後、大日本青年団本部編集部に入る。後に後藤隆之助とともに青年団を辞め、昭和研究会の創立に参画、昭和研究会解散後は大政翼賛会に入り文化部地方班長、戦後は山本有三参議院議員秘書として参議院緑風会の創設に関与、1951日本民間放送連盟の創立に関与、1952日本民間放送連盟事務局長、1956兼理事、1959常務理事、1963専務理事、1971.12退任、日本音楽著作権協会理事長、1993.1.23死去。

主な内容  旧蔵者酒井三郎は昭和研究会に事務方として勤務した経験があり、「昭和研究会対外国策研究部会趣旨」や教育制度改革関係資料が残される他、「東亜国土計画の構想」の原稿類など、昭和戦前期の国土計画に関する資料が多く残されている。

検索手段
酒井三郎関係文書目録(仮)

関連資料の所在
「日本近代史料研究会旧蔵資料」(当室所蔵)中に、昭和研究会資料(複製)あり
「岸幸一コレクション」(昭和研究会関係資料、日本貿易振興機構アジア経済研究所所蔵。同サイト上において、南方関係軍政・海軍資料を中心にデジタル画像を公開(last access 2007.2.7)

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「酒井三郎日記のこと」『日本歴史』572、1996.1
伊藤隆「酒井三郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集】
『昭和研究会 ある知識人集団の軌跡』酒井三郎著、中公文庫、1992(回想録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡