トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 石室秘稿

石室秘稿

石室秘稿

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,116点

書架延長  8.7m

旧蔵者  市来四郎(いちきしろう)

旧蔵者生没年  1828〜1903

旧蔵者履歴  石室秘稿は、市来四郎(1828〜1903)の収集資料。
<市来四郎>
文政11(1828).12.24鹿児島生まれ。寺師次右衛門正容の二男、天保9(1838).2市来四郎正直の養子。天保10(1839).8造士館に入る、天保12(1841).8代官所筆生、以後砲術、蘭学を学ぶ。弘化4(1847).8御製薬掛、嘉永4(1851).6精錬所掛、嘉永7(1854).1御流儀砲術方掛、嘉永7.7長崎伝習生、安政4(1857).7御広舗番頭格、琉球渡海、万延元(1860).7砲術館掛、万延元.8集成館掛、文久2(1862).2江戸在勤、文久2.10琉球通宝鋳造掛、慶応2(1866).5寺院廃合取調掛、明治2(1869).2輜重宰領、明治5(1872).3開物社創設、1887西南戦争で家を焼かれる、1882.2島津家より順聖公(斉彬)御言行録編纂依頼、島津家嘱託、家記編纂に従事、1889.4史談会成立、1903.2.21死去。

受入公開
1953年、個人より譲渡

主な内容  島津斉彬の側近、市来四郎が収集した幕末維新関係資料や、薩摩関係資料の写本。大半が和綴の冊子で墨書で記される。日記、西郷隆盛などの薩摩藩関係者の資料、会津戦争日記、外国関係資料など内容は多様。

検索手段
石室秘稿目録(仮)

複製  マイクロフィルム(61巻)で閲覧(資料番号59,60,69-1,69-2,74-1,143,199,222のみ原資料で閲覧)

関連資料の所在
「市来四郎日記」(旧大久保利謙蔵書、現鹿児島県歴史資料センター黎明館蔵。上村文「史料紹介「市来四郎日記」」『黎明館調査研究報告』鹿児島県歴史資料センター黎明館、17、2004で翻刻。)

関連文献
【資料集(翻刻)】
木村 秀海 ・森田 雅也「石室秘稿 池上四郎家蔵雑記 明治10年擾乱事実 上使応答記一冊『石室秘稿』」『郵政考古紀要』39、2006.10
【伝記】
「市来四郎翁之伝」『史談会速記録』124(1903.3.30)〜141(1904.8.30)(135を除く。「市来四郎君自叙伝」として『鹿児島県史料』忠義公史料第7巻、鹿児島県維新史料編さん所編、鹿児島県、1980に収録)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡